​日独フォーラム

2019年11月12日

​第1回「日独フォーラム」が開催されました。

(財)アジアユーラシア総合研究所 
日独フォーラム開催ご連絡
 

2019年も11月となりました。ご多忙の日々と存じます。 
さて、急のご連絡となりましたが標題の「日独フォーラム」を開催いたします。ドイツ友好活動および音楽交流、大分県竹田市の首藤勝次市長をお招きして 「ライプチヒとの日独交流の実践について」ご報告を戴きます。 この機会の交流にご期待ください。 
 

日時:2019年11月12日(火) 午后2時―4時半 
会場:市谷私学会館4階 飛鳥の間 
会費:1500円 
 
プログラム

 

司会: 宇佐見義尚(板垣與一記念館館長) 
 
2時 ―2時10分 
開会挨拶 :川西重忠(アジアユーラシア総合研究代表理事) 

 

2時10分―30分 
早瀬勇(アジアユーラシア総合研究所日独フォーラム座長) 
- メルケル以後のドイツ(仮題) 
 
2時半―3時半 
首藤勝次(竹田市長 記念講演) 
―瀧廉太郎を通じたライプチヒ市との日独交流事業の実践(仮題) 
 
質疑応答 
 
総括、音楽、閉会の辞 :
谷口 誠(研究所特別顧問他、元国連大使) 
 

ピアノ演奏 (早川えりこ、モスクワ音楽学学院卒) 
 

4時半 記念写真後退出 
 
以上